埼玉県狭山市の家屋解体・RC解体工事はお任せください

事例多数!狭山市の解体工事・家屋解体なら優伸コーポレーション

優伸コーポレーション

埼玉県狭山市近郊の家屋解体・RC解体工事専門業者、優伸コーポレーションです。狭山市からも近い埼玉県ふじみ野市に本社がある当社は、埼玉県全域、東京、神奈川、千葉、茨城、栃木の関東全域を中心に様々な解体工事を行っています。これまでにも狭山市の家屋解体工事の施工事例は多く、木造解体、RC鉄骨解体、空き家取り壊し、店舗解体、内装解体、建て替えによる解体など幅広く取り壊しを行ってきました。マニフェスト(産業廃棄物管理票)に則り、環境にも配慮をした解体工事に徹しております。そしてご近所にも最大限配慮いたします。ご挨拶周り、重機での圧砕・破砕による振動や粉じん対策、足場組時の騒音への配慮などを徹底し解体工事を行いますので、安心してお任せいただけます。狭山市の解体工事であれば、是非当社にご相談ください。お見積もりも無料です。

埼玉県狭山市について

埼玉県狭山市について

狭山市は埼玉県の南西部に位置し、川越市所沢市入間市飯能市日高市三芳町と隣接しています。隣接はしていないものの、当社の本拠地・ふじみ野市とも川越市の南端を挟んで目と鼻の先という距離(車で約30分)です。武蔵野台地や入間川の自然あふれる狭山市は住みやすさが評判でもあります。一方で、工業として着実に進化し、さらには航空自衛隊入間基地や東京オリンピックのゴルフ競技種目の開催地に選ばれたゴルフ場施設など、広域にわたる施設もある狭山市。市内には西武新宿線狭山市駅、新狭山駅、入曽駅、西武池袋線稲荷山公園駅の4駅があり、狭山市駅から新宿駅・池袋駅は約40分というアクセスの良さ。近年は西武池袋線の東急東横線、横浜高速みなとみらい線との相互直通運転することになり、横浜方面へのアクセスも快適となり、より一層注目されています。狭山稲荷山公園や智光山公園など自然と触れる公園もあり、都心よりアクセス抜群なのを売りに「狭山市若い世代の住宅取得支援補助制度」も施行されるなど、今後より人口が増える可能性も秘めています。タワーマンションなどはほぼなく、あるアンケートでは、狭山市の住宅のうち70%以上が持ち家(マンション含む)という結果もでており、戸建てが多いことがうかがえます。当社のあるふじみ野市からすぐの狭山市での解体工事依頼は増えており、中でもやはり戸建ての解体工事は多い傾向にあります。

市町村コード
11215-1
面積
48.99㎢
総人口
149,226人(2020年1月現在)
市の木
茶の木
市の花
ツツジ
市の鳥
オナガ
市長
小谷野剛(2020年5月現在)
市役所所在地
〒350-1380 埼玉県狭山市入間川一丁目23番5号

狭山市の解体工事施工事例

持ち家の多い埼玉県狭山市では、当社も一軒家の解体工事ご依頼を多くいただいています。たとえば、あるハウスメーカーさんよりご依頼いただいたのは、木造2階建家屋の解体工事でした。戸建てや集合住宅などのある住宅密集地で、近隣住民、前を通る道路に十分注意しながら解体工事を行いました。解体後は駐車場付き新築住宅を予定していたため、解体工事完了後の整地作業では地中埋設物の確認や鋤取り(すきとり)作業も当社が行いました。当社では個人のお客様はもちろん、今回のように住宅メーカーや工務店、建設会社などから、新築や建て替えの際の解体工事を依頼されるケースがあります。様々な事例がありますので、ぜひお気軽にご相談ください。

狭山市の解体工事

狭山市の解体工事 施工事例

狭山市での様々な建物の解体工事

優伸コーポレーションでは、様々なタイプの解体工事を埼玉県狭山市にて行っています。以下に、弊社が狭山市で請け負える代表的な解体工事をご紹介いたします。

狭山市の家屋解体工事

解体工事の中でも一番多いのが家屋解体。木造2階建ての個人宅が一般的に一番多いですが、平屋・3階建て・地下付きの解体も行っています。

狭山市の鉄筋RC解体工事

鉄筋で造られている建物の解体には、大きな騒音が伴いますが最大限の防音対策も行い解体工事を行っております。

狭山市のマンション解体工事

狭山市の集合住宅、マンションやアパートなどの解体工事。施主さんからのご依頼に答える解体工事を行っております。

狭山市の空き家解体工事

空き家の解体工事は近年非常に増えています。狭山市でも同様に多くの空き家の解体工事を行っております。

狭山市の解体工事の費用・相場

解体工事の費用の相場は工事内容によって大きく異なりますが、以下が費用をお伝えするためのメインファクターとなります。

建物の大きさ

解体をする建物が大きければ大きいほど費用も上がります。30坪よりもやはり50坪の整地作業(解体工事)が解体工事の料金は高くなります。

建造物の構造

木造、鉄骨造、鉄筋コンクリート造など、複数の種類の構造が存在します。建物が3階建てだったり、地下室があると処分するための費用は跳ね上がります。

アスベストの有無

アスベスト(石綿)は古い建物の断熱材として使用されていました。発がん性物質を含んでいるという理由から、現在では使用が禁止されています。そのため、アスベスト(石綿)が含まれている建物の解体工事は費用がかさんでしまいます。

近隣の道路・住宅

解体工事に必要な重機が道路に入っていける道路かどうかで、解体工事費用が異なってきます。解体現場までの道路が狭い場合、重機回送費(圧砕機などの重機の運搬費用)が上がってしまいます。

地中埋設物

地中埋設物がある場合に見積外の費用がかかってしまいます。地中埋設物は建物撤去後でないと分からないです。そのため、見積に含めることが出来ません。地盤を強化するためにうってあった杭を抜く作業などもこれにあたります。

見積もりに含まれない費用

地中埋設物以外にも、不用品(解体工事とは別の不用品処分)、残置物・(解体工事とは別の)不用品処分は別途お見積りとなります。運搬費用、処分費用が別途でかかります。

解体の費用一覧・価格表

狭山市の解体工事の補助金について

狭山市では、以下に該当する工事・改修・撤去において補助金を申請することができます。どれも解体工事が伴うこともあり、そういった場合、当社のような解体工事業者の出番です。
・危険なブロック塀などの改修工事への補助制度
・木造戸建住宅の建築物耐震診断・改修補助
・道路後退部分の寄付への補助金

また、ほかの多くの県内都市と同様に狭山市でも空家対策・空き家の適正管理を推進しています。倒壊の危険があったり、衛生上・景観上近隣に悪影響を及ぼしている場合、狭山市から所有者に対し、指導や勧告、命令を行いますがそれに応じない場合は市が「代執行」し空き家の取り壊し・解体工事を行うことになっています。また、空き家売却時の収入に対する税金控除の特例も設けています。免除条件や届け出方法、最新の補助金・助成金制度については狭山市のHPでご確認ください。

狭山市HP 住まいの助成金・貸付について

解体工事の流れ・工期

  • 現場調査
  • お見積り
  • ご契約・打合せ
  • 解体着工
  • 解体施工
  • 工事完了

施工開始から工事完了までの工期は、施主さんとも相談をして決めさせていただきます。ご希望をお伝えいただき、相談にのらせていただきます。

建物の解体工事が完了してから1か月以内に、管轄の法務局にその建物の滅失登記を申請する義務が、建物所有者にございます。この申請の際に登記申請書・「解体証明書(建物滅失証明書)」・現在の位置図等が必要となります。この解体証明書は解体を請け負った弊社が発行いたします。

狭山市内の各町の解体工事

弊社では狭山市内の以下の各町での解体工事を行っています。埼玉県狭山市内のどのエリアでも対応可能です。また、会社・工場・ご自宅・アパートなどの家屋解体、駐車場、ブロック塀、井戸・お庭などを取り壊す外構工事・プチ解体など様々な構造物の施工事例もございますので、安心して弊社までお問合せ下さい。最適な解体工法を提案させていただきます。

  • 青柳
  • 稲荷山
  • 入間川
  • 鵜ノ木
  • 加佐志
  • 柏原
  • 柏原新田
  • 上赤坂
  • 上奥富
  • 上広瀬
  • 北入曽
  • 祇園
  • 笹井
  • 狭山
  • 狭山台
  • 下奥富
  • 下広瀬
  • 新狭山
  • 中央
  • つつじ野
  • 中新田
  • 根岸
  • 東三ツ木
  • 広瀬
  • 広瀬台
  • 広瀬東
  • 富士見
  • 堀兼
  • 水野
  • 南入曽

施工事例一覧

埼玉県内のその他の対応エリア