新座市の解体工事

新座市の解体工事事例多数の優伸コーポレーション

優伸コーポレーション

埼玉県新座市エリアの家屋解体・RC解体工事専門業者をお探しなら、ぜひ当社、優伸コーポレーションのお見積もりもご利用ください。弊社は、埼玉県ふじみ野市に本社を置き、埼玉県を軸に東京、神奈川、千葉、茨木、栃木など関東近郊で様々な解体工事を行っています。隣接こそしていないものの、ふじみ野駅から志木駅は8分という近さもあり、新座市での解体工事施工事例が豊富です。家屋解体、木造解体、RC鉄骨解体、店舗解体、空き家取り壊しなど幅広く対応しています。マニフェスト(産業廃棄物管理票)に則り、環境にも配慮をした解体工事、そしてご近所へのご挨拶や重機での圧砕・破砕、足場組時の配慮など騒音振動にも配慮した解体工事を行っております。新座市の解体工事であれば、是非当社にご相談ください。

埼玉県新座市について

埼玉県新座市について

埼玉県の南西部に位置する新座市は、町や村の統合を経て昭和45年に誕生した都市です。隣接するのは所沢市朝霞市志木市入間郡三芳町、そして東京都練馬区、清瀬市、西東京市、東久留米市と、半分が東京都に隣接しています。そのため、緑地公園や親水公園など自然あふれる公園も多く、武蔵野の雰囲気も漂っています。15万人超えの人口を抱える中都市で、都心へのアクセスも抜群のエリアです。たとえば新座駅からさいたま市まで20分、池袋まで30分。志木駅からさいたま市まで30分、池袋まで20分です。さらに志木駅は東急東横線やみなとみらい線も通っており、横浜まで乗り換えなしで行ける点も人気です。志木駅はその名の通り志木市にもありますが、新座市にもまたがっていて駅の大半は新座市にあります。デオシティ新座、マルイファミリー志木などショッピングに便利な施設も多数。近隣の朝霞市や富士見市の商業施設へも車で1時間以内で迎える点も魅力です。アクセス・ショッピング環境が充実している一方、タワーマンションは代表的な志木パークタワー以外はまだ少なく、今後中心部の再開発などによるさらなる発展が期待されています。新座市内での再開発や改修、新築・リフォーム時に発生する解体工事において、当社も多くご依頼をいただいております。

市町村コード
11230-5
面積
22.78㎢
総人口
164,183人(2020年1月現在)
市の木
モミジ
市の花
コブシ
市長
並木傑(2020年5月現在)
市役所所在地
〒352-8623 埼玉県新座市野火止1-1-1

新座市の解体工事施工事例

埼玉県新座市では、2018年に新しく「くみまちもーる新座」という商業施設が建設されました。敷地面積は4万㎡以上、店舗面積は1万㎡以上の大規模なモールです。ただこれだけに留まらず、くまみちモール周辺で企業や公園、運動場の整備も行う「大和田二・三丁目地区土地区画整理事業」という新座市主導の計画も進んでいます。また、志木駅の駅前広場の大規模改修工事も行われるなど、近年中心部から郊外まで大きな変化・進化を遂げている新座市。当社でもこういった建設事業において、解体工事の面で尽力しております。大規模・小規模、長期・短期、重機の有無にかかわらず新座市の解体工事事例も豊富ですので、まずは無料お見積もりをご利用ください。

新座市の解体工事

新座市の解体工事 施工事例

新座市での様々な建物の解体工事

優伸コーポレーションでは、様々なタイプの解体工事を埼玉県新座市にて行っています。以下に、弊社が新座市で請け負える代表的な解体工事をご紹介いたします。

新座市の家屋解体工事

解体工事の中でも一番多いのが家屋解体。木造2階建ての個人宅が一般的に一番多いですが、平屋・3階建て・地下付きの解体も行っています。

新座市の鉄筋RC解体工事

鉄筋で造られている建物の解体には、大きな騒音が伴いますが最大限の防音対策も行い解体工事を行っております。

新座市のマンション解体工事

新座市の集合住宅、マンションやアパートなどの解体工事。施主さんからのご依頼に答える解体工事を行っております。

新座市の空き家解体工事

空き家の解体工事は近年非常に増えています。新座市でも同様に多くの空き家の解体工事を行っております。

新座市の解体工事の費用・相場

解体工事の費用の相場は工事内容によって大きく異なりますが、以下が費用をお伝えするためのメインファクターとなります。

建物の大きさ

解体をする建物が大きければ大きいほど費用も上がります。30坪よりもやはり50坪の整地作業(解体工事)が解体工事の料金は高くなります。

建造物の構造

木造、鉄骨造、鉄筋コンクリート造など、複数の種類の構造が存在します。建物が3階建てだったり、地下室があると処分するための費用は跳ね上がります。

アスベストの有無

アスベスト(石綿)は古い建物の断熱材として使用されていました。発がん性物質を含んでいるという理由から、現在では使用が禁止されています。そのため、アスベスト(石綿)が含まれている建物の解体工事は費用がかさんでしまいます。

近隣の道路・住宅

解体工事に必要な重機が道路に入っていける道路かどうかで、解体工事費用が異なってきます。解体現場までの道路が狭い場合、重機回送費(圧砕機などの重機の運搬費用)が上がってしまいます。

地中埋設物

地中埋設物がある場合に見積外の費用がかかってしまいます。地中埋設物は建物撤去後でないと分からないです。そのため、見積に含めることが出来ません。地盤を強化するためにうってあった杭を抜く作業などもこれにあたります。

見積もりに含まれない費用

地中埋設物以外にも、不用品(解体工事とは別の不用品処分)、残置物・(解体工事とは別の)不用品処分は別途お見積りとなります。運搬費用、処分費用が別途でかかります。

解体の費用一覧・価格表

新座市の解体工事の補助金について

補助金や助成金がもらえる新座市の住宅制度のうち、当社のような解体業者も関わるものを紹介します。ぜひ活用していただきたい様々な制度が整っています。たとえば、ブロック塀等撤去は多くの埼玉県内市区町村でも導入されている制度ですが、新座市には「生け垣設置助成制度」のような制度もあります。また、新座市も空き家増加への対策を強化しており、空家バンク制度も整っています。こういった制度を利用する場合、工務店、修理・修繕業者、そして解体業者は個人で探す必要があります。当社ではあらゆる解体工事に携わってきましたので、まずはお気軽にご相談ください。また、各補助金制度の受付期間や対象者・対象業者、届出方法など、詳しくは新座市のホームページをご覧ください。

  • 既存木造住宅等耐震助成制度(耐震診断・耐震改修)
  • 重度障がい者居宅改善整備費助成制度(居宅改善整備)
  • 高齢者居宅改善整備費助成制度(居宅改善整備)
  • 水洗便所改造資金の貸付制度(改造工事)
  • 雨水貯留槽設置費補助制度(設備設置)
  • 生け垣設置助成制度(設置および既存設備の撤去)
  • ブロック塀等撤去・築造工事助成制度(撤去工事・築造工事)
  • 被災住宅復旧修繕工事費補助制度(外構工事・修繕工事)
  • マンション管理・修繕支援事業(外構工事・外壁工事)
  • 空家バンク(解体工事・整地)

新座市HP 解体工事等の住宅制度・補助金制度について

解体工事の流れ・工期

  • 現場調査
  • お見積り
  • ご契約・打合せ
  • 解体着工
  • 解体施工
  • 工事完了

施工開始から工事完了までの工期は、施主さんとも相談をして決めさせていただきます。ご希望をお伝えいただき、相談にのらせていただきます。

建物の解体工事が完了してから1か月以内に、管轄の法務局にその建物の滅失登記を申請する義務が、建物所有者にございます。この申請の際に登記申請書・「解体証明書(建物滅失証明書)」・現在の位置図等が必要となります。この解体証明書は解体を請け負った弊社が発行いたします。

新座市内の各町の解体工事

弊社では新座市内の以下の各町での解体工事を行っています。埼玉県新座市内のどのエリアでも対応可能です。また、会社・工場・ご自宅・アパートなどの家屋解体、駐車場、ブロック塀、井戸・お庭などを取り壊す外構工事・プチ解体など様々な構造物の施工事例もございますので、安心して弊社までお問合せ下さい。最適な解体工法を提案させていただきます。

  • あたご
  • 池田
  • 石神
  • 大和田
  • 片山
  • 北野
  • 栗原
  • 新堀
  • 菅沢
  • 東北
  • 道場
  • 中野
  • 新座
  • 新塚
  • 西堀
  • 野寺
  • 野火止
  • 畑中
  • 馬場
  • 堀ノ内
  • 本多

施工事例一覧

埼玉県内のその他の対応エリア