名古屋市千種区の家屋解体・RC解体工事、解体費用について

名古屋市千種区の解体工事は解体業者の優伸コーポレーションで

優伸コーポレーション

優伸コーポレーションは、埼玉県ふじみ野市に本社を置く解体工事専門業者であり、愛知県内のすべての地域に対応しております。2020年に名古屋営業所(愛知県名古屋市中区新栄)を設立して以降、名古屋市千種区を含め愛知県内でも数々の解体工事を手掛けてまいりました。得意とする家屋解体はもちろん、木造・鉄骨造・RC造(鉄筋コンクリート造)・SRC造(鉄骨鉄筋コンクリート造)など建築構造の種類を問わず、ビル・マンション・工場・商業施設といった様々な建物の解体に対する施工実績があります。そのほか、店舗の内装解体、駐車場(土間コンクリート舗装・アスファルト舗装)の取り壊し、庭木の伐採、庭石の撤去、山林の樹木伐採、土地を売却するための整地なども承っております。当社では「庭石の移動だけお願いしたい」といったご相談にもお応えできますので、壊す対象の大小に関わらず、ぜひ一度お問い合わせいただければと思います。また解体工事に関しては、重機の使用などによる騒音が心配というお問い合わせを多くいただきます。騒音への対応として、近隣住民の方への挨拶回り、防音シートなどの使用、重機で取り壊す時間帯の配慮、交通整備員の配置など、現地の状況に応じて適切な対策を施しますのでご安心ください。解体工事後に発生する廃材は環境にも配慮して細かく分別し、リサイクル率を向上させるべく適正に運搬処分しております。なお、解体工事に関連する法律(建設業法・建設リサイクル法など)には近年いくつかの改正がありました。500万円以上の解体工事については「とび・土工工事業」では施工ができなくなり、「解体工事業」の建設業許可を受けることが必要です。500万円未満の工事では、区域を管轄する都道府県知事の許可を受けるため、保有する許可区分が「解体工事業・土木工事業・建築工事業」以外の場合は「解体工事業の登録」が必要となります。当社はこうした制度改正にも迅速に対応し、お客様に安心してご依頼いただける環境を整えております。解体工事専門業者として費用や工期、中間マージンなど、解体についてのどんな疑問にも的確にお答えします。解体工事の費用は「坪数」が重要視されますが、人件費などに違いがあるため、どの解体業者に依頼するかによっても大きく異なります。名古屋市千種区で解体工事業者をお探しの方は、マージンのかからない当社でのお見積りをご検討ください。

愛知県名古屋市千種区について

愛知県名古屋市千種区について

名古屋市の北東部に位置する千種区は、市内の複数の区(天白区昭和区中区東区守山区名東区)に隣接しています。西部は平坦な地形で、繁華街でもある今池を中心に商業エリアとして発展しており、中央部から東部にかけて広がる丘陵地には、寺社や近代建築物、閑静な住宅街があります。東部には都市の緑としては国内最大級の「なごや東山の森」があり、全国的に有名な「東山動植物園」もその一部です。交通インフラも整っており、JRと名古屋市営地下鉄、合わせて4路線が走っているため、名古屋最大の繁華街である栄や名古屋駅までのアクセスがとても良好です。千種区は名古屋大学をはじめ、数多くの大学や高校が点在する文教地区でもあります。子育て世代からの人気を集めるだけでなく、おしゃれなカフェや商業施設が多数あるので、多くの若者が訪れる賑わいのある街となっています。これまでに千種区では、大規模マンション・レストラン・ショップの複合施設「ナゴヤセントラルガーデン」のように、企業の社宅跡地などを利用した再開発、老朽化が進んだ市営住宅の建て替えなどが行われてきました。駅近くに複数の新築分譲マンションの供給があること、古くからの住宅街もあることなどから、今後も建て替えや売却に伴う解体工事の需要が高まる可能性があります。

名古屋市千種区内の30階以上の高層マンション(タワーマンション)の例
・グランドメゾン池下ザ・タワー(RC42階地下1階建)
・グランスイート千種タワー(RC30階建)

名古屋市千種区内の中大型商業施設(ショッピングモール)の例
・イオンタウン千種
・星が丘テラス

名古屋市千種区内の高速道路IC/SA・PAの例
・名古屋高速2号東山線:吹上西出入口(IC)・吹上東出入口(IC)・春岡出入口(IC)・四谷出入口(IC)

名古屋市千種区内の主要鉄道駅の例
・JR中央本線(名古屋-塩尻):千種駅
・名古屋市営地下鉄名城線:名古屋大学駅・本山駅・自由ケ丘駅・茶屋ケ坂駅
・名古屋市営地下鉄桜通線:今池駅・吹上駅
・名古屋市営地下鉄東山線:千種駅・今池駅・池下駅・覚王山駅・本山駅・東山公園駅・ 星ケ丘駅

市町村コード
23101-1
面積
18.18㎢
総人口
166,056人(2020年5月1日現在)
区の木
ハナミズキ
区の花
アジサイ
区長
西野輝一(2021年5月現在)
区役所所在地
〒464-8644 愛知県名古屋市千種区覚王山通8丁目37番地

名古屋市千種区の解体工事施工事例

名古屋市千種区で「電柱の解体工事」を承った事例をご紹介します。電柱の長さから推測すると、近隣の住宅へ倒れることも考えられたため、今回のケースでは切断する作業員と支える作業員を配置して施工いたしました。重機を搬入できる道路幅がなかったので、電動工具による切断を行った後は人力での運搬となりました。撤去・運搬時にも、近隣の住宅・通行人への接触がないよう細心の注意を払い、現場の環境に応じてさらに細かな切断を行うこともあります。電柱解体後の整地作業では、通行人が転倒しないように、埋め戻しの際にしっかりと転圧をすることで陥没を防ぎます。切断時に発生した「切子」と呼ばれる削りクズが、周囲に飛散している可能性も考えられたため、入念に清掃いたしました。電柱・切子などの産業廃棄物・廃材は不法投棄せずに、専門の業者に依頼して適正に運搬・処分を行いました。当社では必ずマニフェスト(産業廃棄物管理票)を発行し、不法投棄の心配がない体制を整えておりますのでご安心ください。産業廃棄物の運搬から最終処分までの過程は、お客様にご確認いただくことも可能です。またアスベスト(石綿)が確認される建物の解体工事についても、事前調査から各種届出、隔離養生の設置など、必要な対策を講じて適正に除去いたします。解体工事に関する疑問や不安があれば、ぜひお気軽にご相談ください。無料のお見積もりにもスピーディーに対応いたします。

名古屋市千種区の解体工事

名古屋市千種区の解体工事 施工事例

名古屋市千種区での様々な建物の解体工事

優伸コーポレーションでは、様々なタイプの解体工事を愛知県名古屋市千種区にて行っています。以下に、弊社が名古屋市千種区で請け負える代表的な解体工事をご紹介いたします。

名古屋市千種区の家屋解体工事

解体工事の中でも一番多いのが家屋解体。木造2階建ての個人宅が一般的に一番多いですが、平屋・3階建て・地下付きの解体も行っています。

名古屋市千種区の鉄筋RC解体工事

鉄筋で造られている建物の解体には、大きな騒音が伴いますが最大限の防音対策も行い解体工事を行っております。

名古屋市千種区のマンション解体工事

名古屋市千種区の集合住宅、マンションやアパートなどの解体工事。施主さんからのご依頼に答える解体工事を行っております。

名古屋市千種区の空き家解体工事

空き家の解体工事は近年非常に増えています。名古屋市千種区でも同様に多くの空き家の解体工事を行っております。

名古屋市千種区の解体工事の費用・相場

解体工事の費用の相場は工事内容によって大きく異なりますが、以下が費用をお伝えするためのメインファクターとなります。

建物の大きさ

解体をする建物が大きければ大きいほど費用も上がります。30坪よりもやはり50坪の整地作業(解体工事)が解体工事の料金は高くなります。

建造物の構造

木造、鉄骨造、鉄筋コンクリート造など、複数の種類の構造が存在します。建物が3階建てだったり、地下室があると処分するための費用は跳ね上がります。

アスベストの有無

アスベスト(石綿)は古い建物の断熱材として使用されていました。発がん性物質を含んでいるという理由から、現在では使用が禁止されています。そのため、アスベスト(石綿)が含まれている建物の解体工事は費用がかさんでしまいます。

近隣の道路・住宅

解体工事に必要な重機が道路に入っていける道路かどうかで、解体工事費用が異なってきます。解体現場までの道路が狭い場合、重機回送費(圧砕機などの重機の運搬費用)が上がってしまいます。

地中埋設物

地中埋設物がある場合に見積外の費用がかかってしまいます。地中埋設物は建物撤去後でないと分からないです。そのため、見積に含めることが出来ません。地盤を強化するためにうってあった杭を抜く作業などもこれにあたります。

見積もりに含まれない費用

地中埋設物以外にも、不用品(解体工事とは別の不用品処分)、残置物・(解体工事とは別の)不用品処分は別途お見積りとなります。運搬費用、処分費用が別途でかかります。

解体工事費用・家屋解体や費用相場について

名古屋市千種区の解体工事の補助金について

千種区は、名古屋市内の中では一戸建てや木造家屋が少ない区です。共同住宅、非木造建物(鉄骨造・鉄筋コンクリート造・鉄骨鉄筋コンクリート造など)の割合を見ると、どちらも中区・東区に次ぐ第3位となっています。非木造住宅については、2021年度に「非木造住宅耐震改修助成」における制度の拡充がありました。マンションの耐震改修工事の補助金に対する算定において、地震による倒壊などの危険性が高い場合には、延べ面積に乗じる単価が引き上げられます。なお、昭和56年5月31日以前に着工された建物が対象となりますので、古い家屋の耐震改修をご検討の方は、こうした制度をぜひ活用していきましょう。また千種区における空き家数は、中川区の次に多いため、ゴミの不法投棄を誘発して近隣の防災・衛生面に影響を及ぼさないよう、状況に応じて取り壊し・撤去などの対応が必要です。名古屋市は老朽化などが原因で著しい保安上の危険がある、と判断した場合には「老朽危険空家等除却費補助金」により空き家を解体する工事費の一部を補助しています。そのほか、道路に面する高さ1m以上のブロック塀の撤去などに対しても、助成制度が整備されています。申請時期や届出方法などの詳細につきましては、名古屋市のホームページをご確認ください。

名古屋市HP 非木造住宅耐震改修助成について

解体工事の流れ・工期

  • 現場調査
  • お見積り
  • ご契約・打合せ
  • 解体着工
  • 解体施工
  • 工事完了

施工開始から工事完了までの工期は、施主さんとも相談をして決めさせていただきます。ご希望をお伝えいただき、相談にのらせていただきます。

建物の解体工事が完了してから1か月以内に、管轄の法務局にその建物の滅失登記を申請する義務が、建物所有者にございます。この申請の際に登記申請書・「解体証明書(建物滅失証明書)」・現在の位置図等が必要となります。この解体証明書は解体を請け負った弊社が発行いたします。

名古屋市千種区内の各町の解体工事

弊社では名古屋市千種区内の以下の各町での解体工事を行っています。愛知県名古屋市千種区内のどのエリアでも対応可能です。また、会社・工場・ご自宅・アパートなどの家屋解体、駐車場、ブロック塀、井戸・お庭などを取り壊す外構工事・プチ解体など様々な構造物の施工事例もございますので、安心して弊社までお問合せ下さい。最適な解体工法を提案させていただきます。

  • 青柳町
  • 赤坂町
  • 揚羽町
  • 朝岡町
  • 池上町
  • 池下
  • 池下町
  • 池園町
  • 猪高町猪子石猪々道
  • 稲舟通
  • 井上町
  • 今池
  • 今池南
  • 上野
  • 内山
  • 大久手町
  • 大島町
  • 丘上町
  • 御棚町
  • 鏡池通
  • 覚王山通
  • 霞ケ丘
  • 香流橋
  • 鹿子町
  • 鹿子殿
  • 萱場
  • 唐山町
  • 川崎町
  • 観月町
  • 神田町
  • 菊坂町
  • 北千種
  • 希望ケ丘
  • 京命
  • 清住町
  • 桐林町
  • 楠元町
  • 幸川町
  • 向陽
  • 向陽町
  • 古出来
  • 小松町
  • 桜が丘
  • 山門町
  • 下方町
  • 松軒
  • 松竹町
  • 汁谷町
  • 城木町
  • 城山新町
  • 城山町
  • 新池町
  • 新栄(3丁目)
  • 新西
  • 振甫町
  • 自由ケ丘
  • 末盛通
  • 清明山
  • 園山町
  • 高見
  • 竹越
  • 田代町(岩谷)
  • 田代町(鹿子殿)
  • 田代町(瓶杁)
  • 田代町(四観音道西)
  • 田代町(四観音道東)
  • 田代町(蝮ケ池上)
  • 田代本通
  • 谷口町
  • 千種
  • 千種通
  • 茶屋が坂
  • 茶屋坂通
  • 千代が丘
  • 千代田橋
  • 月ケ丘
  • 月見坂町
  • 天白町植田
  • 天満通
  • 東明町
  • 徳川山町
  • 仲田
  • 鍋屋上野町(北山)
  • 鍋屋上野町(汁谷)
  • 鍋屋上野町(東脇)
  • 南明町
  • 仁座町
  • 西崎町
  • 西山元町
  • 日進通
  • 猫洞通
  • 萩岡町
  • 橋本町
  • 花田町
  • 春岡
  • 春岡通
  • 春里町
  • 光が丘
  • 東千種台
  • 東山通
  • 東山元町
  • 日岡町
  • 姫池通
  • 日和町
  • 吹上
  • 富士見台
  • 不老町
  • 平和が丘
  • 平和公園
  • 法王町
  • 豊年町
  • 星ケ丘
  • 星が丘元町
  • 星が丘山手
  • 穂波町
  • 堀割町
  • 本山町
  • 丸山町
  • 御影町
  • 見附町
  • 南ケ丘
  • 宮根台
  • 宮の腰町
  • 山添町
  • 四谷通
  • 若水

施工事例一覧

愛知県内のその他の対応エリア